BT1100  Bulldog
ツーリングレポート
北海道ツーリングレポート
写真ギャラリー
モーターサイクル

リンク集


 TOP > Motorcycle





2006/09〜2014秋
BT1100 (YAMAHA イタリア 1100cc)

Majesty Cの後継機。旅専用。実はBT1100はMajesty Cを購入する以前に既に出会っていたのだ。その頃からBT1100のデザインの良さに惚れ込んでいてYAMAHA社に興味を持ち出したのもBT1100がきっかけでした。そしてそのBT1100を2006年、手に入れることができたのです。




2009/08〜2014春
WR125X (YAMAHA Europe 125cc)

近場の林道・酷道散策用。オフロード系のバイクにロードタイヤを履かせた、一般的にモタードというジャンルのバイクです。金融危機の影響でユーロが安くなり予定になかったこれが日本に入ってきたのです。ヨーロッパ市場には興味のそそるバイクが多いですね。



2007/11〜現在
シグナスX (YAMAHA 台湾 125cc)

アドレス110の後継機。通勤用。フレーム剛性が高いのでスピードが出てるのにスピード感が感じられないというフシギな感覚に襲われる。その位造りこみが良いようである。低中速の加速はアドレスV125(SUZUKI)に劣るがその分最高速や高速域の安定感はシグナスの方が上。タイヤは前後ともに12インチ。







〜過去の単車たち〜



 2004/10〜2006/09
Majesty C (YAMAHA 250cc)

まだバイクの知識が何も無かった頃に手軽に遠出が出来る物を探している時に辿り着いたのがこれ。やがてこいつと北海道に行く事になり大型バイクへの憧れが増していったのでした。




2003/09〜2007/11
アドレス110 (SUZUKI 110cc) 

24歳の当時、初の高額な買い物だったのがこれ。だから愛着はものスゴイあったのですが、酔った運転手の乗った車にオカマされて「全損扱いの刑」に処されました。この頃はそれほど写真を撮る事もなくこの度写真を色々探してみたのですがほとんどなかったのでした。Majesty Cを所有してからは通勤用。




もどるトップページへ