BT1100  Bulldog
ツーリングレポート
北海道ツーリングレポート
写真ギャラリー
モーターサイクル

リンク集


 TOP > バイク”旅”tabi > 2013年 > 阿蘇雲海望見 for 5days 前編 > 後編 > 朝練編

2013年4月28日〜5月2日  阿蘇雲海望見 for 5days 朝練編




5/1 阿蘇ライダーハウス 朝練


* このページに搭載されている写真は全て、合成をしていません。





 朝5時にライダーハウスの談話室に有志者のみ集合!!!ではバイクを近所迷惑にならないとこまで手押ししてエンジン始動。暖気のカラ吹かし無しで低速で即GO!!!(近隣住民様への配慮で!)


 ばんさん、先頭に向かうは「ラピュタの道」!!!雲海は出ているだろうか?不安を抱きつつ山道を駆け登っていくとそこには・・・







まさしく雲海からの日の出を望見







すごい!!!
これだけの雲海はたぶん記憶を辿れば
2006年以来久しく観ていないぞ!!!







朝日に照らされたBT1100が眩しいっす( ̄▽ ̄)ノ







阿蘇の山々が雲海から顔を出している風景が何ともいえないのだ!







みんな一斉にシャッターを切りまくるのだ。







そしてばんさんが「ラピュタの道」の秘密を見せてくれた!
すごい!!!
パズーが冒頭でラッパを吹くシーンに
ピッタリはまる景観やん!!!







そして「Boys, be ambitious!」みたいな事をやってみた(笑)
写真に写っているのはボクです(笑)







そしてもう一枚!!!
これもボクです。
久住阿蘇神拳奥義、秘技「鶴乃舞」


これやった瞬間ドッと笑いが巻き起こったwww







その後、みんなで順番にパフォーマンスが続く。
おっ!舞空術や!!!
ドラゴンボールやなあ(笑)







ある者は跳び蹴りを披露(笑)
これも自身でやってみたかったなあ( ̄▽ ̄)ノ







そして、さすがばんさん。
近くにいたカップルの旅行者に気軽に声をかけて
モデルになって〜と交渉!
あっさりOKもらってみんなで撮影会になった!


「阿蘇の中心で愛を叫ぶお二人に幸あれ〜」







更にばんさんのリクエストで
「ここの石に二人で座って〜めちゃええから」って。


めっちゃ良いシチュエーションやなあ。
二人が着ているパーカーの色のチョイスがまた良いじゃないですかあ!


あまりにも微笑ましいお二人に嫉妬感が湧いたからか、
思わず後ろで「バルス!」と一斉に唱えてしまった(笑)







そして登り坂を必死にペダルを漕いでいたチャリダー君にも
ばんさんは気さくに声かけ!
チャリダー君にポーズを取ってもらって撮影会。


チャリダー君、カッコ良い〜(≧▽≦)







「ラピュタの道」で朝練のみんなで記念撮影







場所を少し移動して・・・







よく知られている「ラピュタの道」の定番ポイント。
雑誌媒体では著作権の兼合いを考慮してか
「天空の道」として紹介されていますね。


今にも龍の巣が出てきそう・・・いや、
逆にラピュタから眺める下界のシーンみたいだあ。


ムスカのセリフをクチにしたくなる。
「見ろぉ!人がゴミのようだ!!」







同泊の人にSUZUKIの刀オーナーがいてたので、
モデルになってもらいました。


東本昌平作の漫画「キリン」に出てきそうなシーンやなあ!!!







そして熊本在住のハーレー乗りの女性にもモデルになってもらいました。
ばんさんの呼び掛けにあっさりOKとのことで、
みんなで撮影会!!!


ん?雲海とどんどんかけ離れていってるって?
まあ楽しけりゃそれで良いじゃないですか(^ー^)b


ライダーの和が広がって楽しいからね!!!







あ〜そうそう!
その表情良いよ〜(≧▽≦)ノ







バイク雑誌「VIBES」のグラビアページに
出てきそうなカットですやん。
なんかエロくて・・・良い(゚Д゚)アー!!







最後は大観峰までみんなで走り小休憩。
その後「阿蘇RH」へみんなで戻ったのでありました。





「ラピュタの道」(天空の道)の詳細を知りたい人は
是非「阿蘇ライダーハウス」に泊まろう!!!






〜本編へもどる〜






もどるトップページへ